鳥取県若桜町

色の変更 ピンク グリーン オレンジ ブルー 文字サイズ 標準

大鹿滝(おおがだき)

 

    梅雨が明け夏を迎えた7月下旬、若桜町広留野(ひろどめの)に位置する秘境「大鹿滝」へ行ってしてきました!

    「大鹿滝」は、若桜町の観光パンフレットによく掲載されていますが、この「大鹿滝」へ車で行くには、いったんお隣の八頭町へ行き、八頭町から山奥へ進むルートしか今のところ存在していません。

    これから皆さまを「大鹿滝」へご案内します。

-  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -

【大鹿滝へのルート案内】

道程1.国道29号線を鳥取方面に進み、八頭町八東から県道37号線に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

道程2.県道37号線を細見川沿いに進み、滝谷などを過ぎてひたすらまっすぐ進みます。

 

 

 

 

 

 

 

道程3.まっすぐ進むと「広留野」の案内看板があり、ここを右折し広留野方面へ。

 

 

 

 

 

 

 

道程4.道なりに上り下りの激しい急な山道を進むと広留野高原に出ます。このまままっすぐ進めば「大鹿滝」

            まであと少しです!

 

 

 

 

 

 

 

道程5.少し進むと右手に「大鹿滝入口」の案内看板があります。ここを右折し、そのまま脇道へと入ります。

 

道程6.脇道を進むと広大な畑が広がり、その横に広い駐車スペースがあります。ここからは険しい山道が…。

 

道程7.急な山道を約500m下るとついに「大鹿滝」が姿を現します!!

-  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -

轟音を轟かせる姿は迫力満点です!

轟音を轟かせる姿は迫力満点です!

冷気が立ちこめていて自然の清涼感が味わえます!

冷気が立ちこめ、自然の清涼感が味わえます!

    「大鹿滝」は、扇ノ山(八頭町)の中腹にあたり、南西に流れる来見野川(くるみのがわ)に懸かる滝です。

    高さ約22mから勢いよく滝壺へ落下する様は、とても綺麗で力強く自然の力を感じることができます。

    諸鹿渓谷(もろがけいこく)と呼ばれ滝周辺は、ブナやトチの自然林が広がっており「日本の自然百選」に選ばれています。諸鹿渓谷には、「諸鹿七滝」と呼ばれる自然のままの素晴しい滝が多数存在しています。

念願の大鹿滝を背にし、ガッツポーズ!

念願の大鹿滝を背にし、ガッツポーズ!

水をかける中口(左)と嫌がる林(右)

水をかける中口(左)と嫌がる林(右)

熊鈴を身に着けてお越しください

熊鈴を身に着けてお越しください

    個人的には、パワースポットのような雰囲気を感じることができ、心身ともにリラックスすることができました。また、険しい道中や山道を乗り越えて眺める自然の景色は非常に味わい深いものでした。

    ただ、こんな素敵な「大鹿滝」ですが、道中で熊と遭遇する可能性がありますので、熊鈴やラジオなど音の出るものを身に着けてお越しください。

    「自然を体験したい」、「絶景を見てみたい」などという方にピッタリだと思います!皆さんもぜひ行ってみてください(^^)

(記:中口    賢一、林    辰彦)

所在地


大きな地図で見る