鳥取県若桜町

色の変更 ピンク グリーン オレンジ ブルー 文字サイズ 標準

税額控除の仕組み

    地方公共団体に対する寄附金のうち適用下限額(住民税、所得税ともに2,000円)を越える部分について、一定の限度まで控除されます。

所得税

【寄附金額-2,000円】×所得税の限界税率

住民税

    下記①と②の合計額を税額控除

    ①個人住民税基本控除額

      【地方公共団体に対する寄付金(複数の団体に寄付を行った場合はその合計額)-2千円】×10%

    ②個人住民税特例控除額

      【地方公共団体に対する寄付金(①同様)-2千円】×【90%-0~45%(寄付者に適用される所得税の限界税率)×1.021】

    ※控除の対象となる寄付金の限度額は、所得税については総所得金額等の40%、住民税については30%

    ※住民税②の額については、個人住民税所得割の2割が限度

    ※所得税の限界税率とは、寄付をされた方に適用される所得税の税率

    ※所得税は寄付を行った年分の所得税から控除され、住民税は寄付を行った翌年の住民税から軽減されま

        す。確定申告を行う場合、住民税の申告は不要です。確定申告をされた税務署からお住まいの市区町村

        に連絡され、翌年度の住民税へ反映(軽減)されます。確定申告を行わない場合は、お住まいの市区町村

        において住民税の申告を行っていただく必要があります。

税金の軽減例

(例) 夫婦と子ども2人 年収700万円

    (住民税の所得割額229,300円 所得税の税率 10%)

    寄附金額 30,000円のケース

    ①個人住民税基本控除額

(30,000円-2,000円)×10%=2,800円

    ②個人住民税特例控除額

(30,000円-2,000円)×(90%-10×1.021%)=22,341円

    住民税で25,100円の軽減(100円未満切り捨て)を受けることができます。

 

関連リンク

 個人住民税の寄付金税制(総務省ホームページ)