鳥取県若桜町

色の変更 ピンク グリーン オレンジ ブルー 文字サイズ 標準

農業委員会

  • 新着記事はありません。

主な業務内容と連絡先

主な業務内容と連絡先

農業委員会事務局
電話番号
(0858)82-2236
IP電話
982-2236

農作業標準賃金

令和3年度農作業標準賃金表

区 分 方法 基 準

金 額

(税込み)

摘 要
一般労務 1日 8時間 6,500円~7,300円 作業内容により決めてください
耕うん 請負 10a当り 7,200円 1窪10a以上の田 2番すきは60% 
8,200円 1窪10a未満の田
代かき 請負 10a当り 5,900円 1窪10a以上の田 
6,900円 1窪10a未満の田
育苗   1箱 660円 運搬別 
機械田植 請負 10a当り 7,100円 1窪10a以上の田 
8,100円 1窪10a未満の田
バインダー 請負 10a当り 8,100円 1窪10a以上の田 紐付き・倒伏や湿田は増額
9,500円 1窪10a未満の田
コンバイン 請負 10a当り 16,000円 1窪10a以上の田 倒伏や湿田の場合は増額
18,000円 1窪10a未満の田
脱穀 請負 10a当り 9,100円 機械1人に付き 
乾燥 請負

60㎏当り

(乾燥後)

1,000円

水分含有料(刈取時)

20%~24%を基準とする

10a当り 8,800円  
畔草刈り 請負 1時間当り 1,700円 機械・燃料代含む
畔塗り 請負 m当り 88円  

 

※この表は、標準額を示したものですので、農地の形状、作業内容などにより、通常と異なる場合は、話し合いにより決めてください。

※けがなどがないよう十分注意し、安全な農作業を行いましょう。

令和3年度農作業標準賃金表(PDF)

新しい農業委員及び農地利用最適化推進委員が決まりました!

 令和2年度若桜町6月議会において、10名の農業委員候補者を任命すること等について、議会の同意を得ました。そして、7月20日に、農業委員は町長より辞令交付が行われ、農地利用最適化推進委員は農業委員会より委嘱を受けました。

 なお、農業委員及び農地利用最適化推進委員の任期は、令和2年7月20日から令和5年7月19日までです。

若桜町農業委員及び農地利用最適化推進委員名簿

平成31年度(令和元年度)農業委員会定例会議事録

H31年度 第1回農業委員会定例会議事録

R元年度 第2回農業委員会定例会議事録

R元年度 第3回農業委員会定例会議事録

R元年度 第4回農業委員会定例会議事録

R元年度 第5回農業委員会定例会議事録

R元年度 第6回農業委員会定例会議事録

R元年度 第7回農業委員会定例会議事録

R元年度 第8回農業委員会定例会議事録

R元年度 第9回農業委員会定例会議事録

R元年度 第10回農業委員会定例会議事録

R元年度 第11回農業委員会定例会議事録

R元年度 第12回農業委員会定例会議事録

令和2年度農業委員会定例会議事録

R2年度 第1回農業委員会定例会議事録

R2年度 第2回農業委員会定例会議事録

R2年度 第3回農業委員会定例会議事録

R2年度 第4回農業委員会定例会議事録

R2年度 農業委員会臨時総会議事録

R2年度 第5回農業委員会定例会議事録

R2年度 第6回農業委員会定例会議事録

R2年度 第7回農業委員会定例会議事録

R2年度 第8回農業委員会定例会議事録

R2年度 第9回農業委員会定例会議事録

R2年度 第10回農業委員会定例会議事録

R2年度 第11回農業委員会定例会議事録

R2年度 第12回農業委員会定例会議事録

令和3年度農業委員会定例会議事録

R3年度 第1回農業委員会定例会議事録

R3年度 第2回農業委員会定例会議事録

R3年度 第3回農業委員会定例会議事録

R3年度 第4回農業委員会定例会議事録

R3年度 第5回農業委員会定例会議事録

R3年度 第6回農業委員会定例会議事録

R3年度 第7回農業委員会定例会議事録

農業委員会活動の点検・評価及び活動計画

平成30年度の目標及びその達成に向けた活動の点検・評価

平成31年度の目標及びその達成に向けた活動計画

令和元年度の目標及びその達成に向けた活動の点検・評価

令和2年度の目標及びその達成に向けた活動計画

令和2年度の目標及びその達成に向けた活動の点検・評価

令和3年度の目標及びその達成に向けた活動計画

若桜町農業委員会農地等の利用の最適化に関する指針

農地等の利用の最適化に関する指針

「実質化された人・農地プラン」の公表について

 「人・農地プラン」とは、農業者等が話し合いに基づき、地域内の農業において中心的な役割を果たすことが見込まれる農業者(中心経営体)、当該地域における農業の在り方等を明確にし、市町村により公表されるものです。

 このたび、農地中間管理事業の推進に関する法律(平成25年法律第101号)が一部改正され、今後、地域の特性に応じて、町、農業委員会、農業協同組合等の地域のコーディネーター役を担う組織と農地中間管理機構が一体となり、「人・農地プラン」を核に農地の集積・集約化を一体的に推進していくことになりました。

 つきましては、「若桜町人・農地プラン」に基づく取り組みを具体的に進めていくため、農林水産省通知「人・農地プランの具体的な進め方について」(令和元年6月26日付元経営第494号農林水産省系得局長)に基づき、若桜町における「実質化された人・農地プラン」とみなせる地域を以下のとおり公表します。

現在の人・農地プランの区域の全部または一部の地域であって既に実質化していると判断する地区

人・農地プランの実質化に向けた工程表の公表について

 「人・農地プラン」とは、農業の担い手の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加など、地域の問題を解決するため、それぞれの集落・地域で話し合いを通じて今後の農業の在り方等を定めた「将来の設計図」です。

“人・農地プランの実質化について”

パンフレット「人・農地プランの実質化について」(農林水産省)

 人・農地プランを真に地域の話し合いに基づくものにするため、町・農業委員会、農業協同組合等の関係機関が参加し、アンケートや地図を活用した地域の話し合いの場において、農業者が地域の現状と課題を関係者で共有することにより、今後の農地利用を担う中心経営体への農地集積・集約化に関する将来方針の作成に繋げていけるよう、実質化に向けた取り組みを進めていくための工程表を以下のとおり公表します。

人・農地プランの実質化に向けた工程表

【お問い合わせ先】
若桜町役場 農山村整備課
電話番号:0858-82-2236