鳥取県若桜町

色の変更 ピンク グリーン オレンジ ブルー 文字サイズ 標準

若桜のジビエを特産品化 29工房

29工房

建設までの経緯

    若桜町では、近年シカ等による農林業被害が目立つようになり、捕獲数も平成22、23年度には年間約1,000頭を捕獲しました。しかし、被害は依然として深刻なものとなっています。

    捕獲後の多くのシカ等は埋設などして処理していましたが、捨てられることが多かった獣肉を有効活用するため、平成24年度に獣肉解体処理施設を建設し、平成25年7月から本格稼働しました。若桜町、八頭町で捕獲されたシカ等の獣肉(ジビエ)を活用して特産品化に努めています。

 

施設概要について

    名  称:わかさ29(にく)工房

    位  置:八頭郡若桜町若桜999-1

    構  造:木造平屋 90.65㎡

    対象個体:ニホンジカ・イノシシ

    業務時間:午前8時00分~午後4時45分

    休  業  日:日曜日及び祝日、年末年始(12月30日~翌年1月5日)

    そ  の  他: 平成29年6月2日(鳥取県内のジビエ加工処理施設として初めて鳥取県HACCP適合施設に認定。)

<鳥取県HACCP適合施設認定制度とは?>
目的:食の安全に対する消費者の関心が高まるなか、鳥取県食品衛生条例に定めるHACCPの基準を満たした施設に対して、事業者の積極的な取組を県が認定、公表することにより、食の安全・安心の向上を図る制度

制定:平成27年4月1日(それ以前は「とっとり食の安全認定制度」)

対象業種:鳥取県食品衛生条例に定める食品取扱施設及び給食施設

 

【お問い合わせ】

    わかさ29工 房    電話:0858-71-0429    IP電話:971-0429