鳥取県若桜町

色の変更 ピンク グリーン オレンジ ブルー 文字サイズ 標準

幼児教育・保育の無償化について

すべての子どもが健やかに成長するように、また、子育て世帯の経済的負担の軽減を図るため、令和元年10月から、「幼児教育・保育の無償化」が始まります。

詳しくは、内閣府ホームページにてご確認ください。 内閣府ホームページ

 

若桜町内の幼児教育・保育の無償化の対象となる施設

若桜町立わかさこども園

<内容>      

  保育料の無償化

  ※延長保育・緊急時預かり保育の保育料は対象となりません。

<対象のお子さん> 

  3~5歳児クラスの児童又は0~2歳児の住民税非課税世帯

<手続き>     

  支給認定申請書兼入園申込書を町民福祉課又はこども園へ提出

  ※在園時は申請済みのため不要です。

<その他>     

給食費は保護者負担となります。ただし、世帯年収約360万円未満相当のお子さんや、国基準きょうだいカウントで第3子と認定されるお子さんの給食費は免除となります。

※若桜町では、引き続きわかさこども園に通う児童の保護者(条件付き)を対象に、保育料(給食費含む)の無償化に取り組みます。

 

若桜町立わかさこども園(一時保育・病後児保育)

<内容>      

  利用料金のうち、月額37,000円(3~5歳児)又は月額42,000円(0~2歳児の住民税非課税世帯)まで無償

<対象のお子さん> 

共働き家庭など保育が必要な3~5歳の児童(満3歳に到達した次の4月1日からが対象)又は0~2歳児の住民税非課税世帯

※病後児保育について、こども園を利用する児童は無償化の対象にはなりません。

<手続き>     

  役場町民福祉課へ次の書類を提出してください。

  ・子育てのための施設等利用給付認定(変更)申請書(法第30条の4第2号・第3号)

  ・保育ができないことを証明する書類

  ・住民税の課税状況がわかるもの(0~2歳児の児童の申請の場合で賦課期日現在に町外在住の場合のみ)