鳥取県若桜町

色の変更 ピンク グリーン オレンジ ブルー 文字サイズ 標準

9月21日は世界アルツハイマーデー ~認知症になっても安心して暮らせる社会を~

9月21日は世界アルツハイマーデー、9月は世界アルツハイマー月間です。

認知症になると、「何もわからない、何もできない」と思っていませんか?

認知症と診断されても、生活が急に変わるわけではありません。

慌てず自分らしく生活していくために、日頃から“備え”をしていきましょう。

 

世界アルツハイマーデー/世界アルツハイマー月間とは(厚生労働省

  アルツハイマーデー

 

認知症と診断されたとき、慌てないためのヒント

1.体が少しずつ衰えることに備えましょう

年齢とともに記憶力や判断力が低下してくるため、日頃から記録をつけたり、家族にも確認しながら行動するようにしましょう。

 

2.認知症になるかもしれないことに備えましょう

生活習慣病の予防や人との交流、趣味を持ちましょう。

また、家族に自分の意思を伝えたり、介護が必要になった時に何が必要なのか、情報を知っておきましょう。

 

3.早めの相談・受診を行いましょう

物忘れなどが気になったら、早めに相談・受診を行い、適切に治療・介護を受けましょう。

また、普段から相談できる人やかかりつけ医を見つけておきましょう。

 

 

認知症についてのご相談

・若桜町包括支援センター 

  電話 0858-82-2209 (平日 8:30~17:15)

・認知症の人と家族の会 鳥取県支部 

  電話 0859-37-6611 (平日 10:00~18:00)