鳥取県若桜町

色の変更 ピンク グリーン オレンジ ブルー 文字サイズ 標準

農業委員及び農地利用最適化推進委員を募集します

 農業委員会等に関する法律の改正に伴い、農業委員は公職選挙法に基づく選挙による選出方法から、町長が町議会の任命を得て任命する方法に変わりました。それに加えて、農地利用の最適化を主な業務とする農地利用最適化推進委員が設置され、平成29年度から新制度のもとで活動しています。

 若桜町では、自治会からの推薦等により、次の令和2年7月20日からの任期の農業委員及び農地利用最適化推進委員を募集します。

 

農業委員の募集について

○農業委員の役割

農地法等の権限事務について、審査及び決定を行います。具体的な業務内容は次のとおりです。

1.農業委員会定例会(通常月1回、毎月10日前後開催)において、農地法等の権限に係る事項を審議

2.農地法等に基づく申請内容についての調査

3.農地利用最適化(担い手への農地集積・集約化、遊休農地の発生防止・解消)の推進等

4.町内の農地の利用状況の調査

5.人・農地プランの実質化に向けた活動、話し合いへの参画

○募集人数

10名

○応募方法

農業委員推薦届出書(個人推薦用)

農業委員推薦届出書(団体推薦用)

農業委員応募届出書

上記のいずれかを記入し、提出(郵送も可)

○報酬(月額)

・会長   32,000円

・職務代理 24,800円

・委員   23,000円

○任期

令和2年7月20日~令和5年7月19日

○その他

選考の結果、候補者になった場合は、若桜町議会の同意を得て、町長が農業委員として任命します。

 

農地利用最適化推進委員の募集について

○農地利用最適化推進委員の役割

 農地利用最適化推進に熱意と識見を有する人に、農業委員会が委嘱します。具体的な業務内容は次のとおりです。

1.農業委員会定例会(通常月1回、10日前後開催)において、農地利用の最適化への意見の陳述

2.農地法等に基づく申請内容についての調査

3.農地利用最適化(担い手への農地集積・集約化、遊休農地の発生防止・解消)の調整等

4.町内の農地の利用状況の調査

5.人・農地プランの実質化に向けた活動、話し合いへの参画

○募集人数

2名(旧若桜地区より1名、旧池田地区より1名)

○応募方法

農地利用最適化推進委員推薦届出書(個人推薦用)

農地利用最適化推進委員推薦届出書(団体推薦用)

農地利用最適化推進委員応募届出書

上記のいずれかを記入し、提出(郵送も可)

○報酬(月額)

23,000円

○任期

委嘱日~令和5年7月19日

○その他

若桜町農業委員会にて選考します。

 

共通事項

○資格要件

 農業に関する識見を有し、農地利用の最適化の推進に関する事項及びその他の農業委員会の所掌に属する事項に関し、その職務を適切に行うことができる人。平日の会議、研修及び農業委員会活動に出席できる人。ただし、次のいずれかに該当する人は除きます。

1.町税等を滞納している人

2.破産手続き開始の決定を受けて復権を得ない人

3.禁錮以上の刑に処せられ、その執行が終わるまで、またはその執行を受けることがなくなるまでの人

○募集期間

令和2年2月4日~3月3日

(郵送の場合、当日消印有効)

○提出先

若桜町農業委員会事務局(八頭郡若桜町若桜801番地5 若桜町役場1階)

○応募情報の公表

募集にあたり提出された応募書類のうち、候補者氏名、職業、年齢、性別、認定農業者の該当の有無、推薦者の代表者名等について、募集の期間中と期間終了後に公示するほか、農業委員会事務局において閲覧に供します。

○選考結果の通知

選考結果については、書面をもって応募した人全員に通知します。

※電話等での結果に関する問い合わせにはお答えできません。

○その他

募集にあたり提出いただいた書類は、理由の如何にかかわらず返却いたしません。