鳥取県若桜町

色の変更 ピンク グリーン オレンジ ブルー 文字サイズ 標準

若桜地区が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました!

 

 令和3年8月2日付の文部科学省告示第143号により、若桜地区の国重要伝統的建造物群保存地区(重伝建地区)

選定が正式決定しました。

 

●若桜地区の範囲

 鳥取県八頭郡若桜町若桜地内の一部(下記をクリックすると範囲図が表示されます)

  若桜町若桜伝建地区範囲図 

 

●重伝建地区とは

・伝統的建造物群保存地区のうち、市町村の申出に基づいて国にとって価値が特に高いと判断された地区をいいます。

・重伝建地区には選定基準があり、それに合致した伝建地区が選定を受けることができます。

・若桜地区は「伝統的建造物群及びその周辺の環境が地域的特色を顕著に示しているもの」の基準に該当します。

 

●重伝建地区としての若桜地区の評価

・若桜鬼ヶ城の城下町を起源とし、旧若桜街道沿いの宿場としての機能と物資の集積地として栄えた商家町である。

・明治18年の大火後の復興計画に基づいて建てられた伝統的な町家や土蔵など、防火を考慮した町並みが残されてる。

・町内を流れるカワが町並みとともに自然地形を生かした用水として生活と密着している。

・大火を経て復興した山陰地方山間部の商家町としての歴史的な風致をよく伝えている。

 

 中町周辺の本通り沿い   裏町通りの土蔵群

 

         本通り沿いの町並み                裏町通りの連続する土蔵 

 

【お問い合わせ先】 

 教育委員会事務局 (電話 0858-82-2213)