鳥取県若桜町

色の変更 ピンク グリーン オレンジ ブルー 文字サイズ 標準

災害時の避難情報が変わりました

 

  ◆ 避難情報の名称変更について 

災害対策基本法が令和3年に改正(災害対策基本法等の一部を改正する法律(令和3年法律第30号)5月10日公布、5月20日施行)されたことを受け、5段階の警戒レベルと併せてお知らせする避難情報等について、「避難勧告」の名称を廃止するなど、「避難勧告等に関するガイドライン」の名称を含め改定し、令和3年5月に「避難情報に関するガイドライン」として公表されました。

  ◆ 警戒レベルと避難情報

1 【避難対象地域において】

 レベル3〖高齢者等避難〗で高齢者や障がいのある方など、避難に時間がかかる方は、危険な場所から避難を開始。

 レベル4〖避難指示〗で危険な場所から全員避難。(〖避難勧告〗の名称は廃止)

 レベル5〖緊急安全確保〗では、既にどこかで命に関わる災害が起きています、直ちに命を守る行動を。

2 避難の基準はこれまでと変わりません。

  若桜町の防災計画で定める避難基準により避難情報を発令します。

  その際、それぞれの避難情報に警戒レベルを付与してお知らせします。

 

【避難を呼びかける情報について】

警 戒

レベル

避 難情 報

発令される状況

対象者

とるべき行動

警戒レベル

高齢者等避難

大雨や台風の接近に伴い、区域内で土砂災害や洪水が発生する恐れがあるとき

土砂災害警戒区域・洪水浸水想定区域内(以下、区域内)の高齢者、障がい者、小さな子供がいる方など、避難に時間がかかる方と、その避難を支援する方

・対象者は避難開始

・対象者以外は、すぐに避難できるように備える

・ハザードマップ等で確認し、安全を確保できると判断した場合は、2階以上の安全な部屋(土砂災害の場合、山や崖と反対側)など屋内に留まることも可能

警戒レベル

避難指示

災害が発生する恐れが高まったとき

区域内の危険な場所から避難すべきとき

区域内にいる方全員

・危険な場所から全員避難

・ハザードマップ等を確認し、安全を確保できると判断した場合は、2階以上の安全な部屋(土砂災害の場合、山や崖と反対側)など屋内に留まることも可能

(立ち退き避難又は屋内安全確保)

警戒レベル

緊急安全確保

災害が発生または切迫しているとき

まだ危険な区域にいる方

・命を守る最善の行動

・今いる場所より相対的に安全な場所へ直ちに移動

  • 警戒レベル(早期注意情報)、警戒レベル(大雨・洪水注意報)は気象庁が発表します。

    あ

  * 国が作成した警戒レベルや避難に関する広報チラシは下記よりダウンロードできます。

  【内閣府・消防庁】新たな避難情報に関するチラシ

  避難行動判定フロー・避難情報のポイント

  コロナ禍における災害時の避難について

 

  お問合せ先 (総務課)  TEL:0858ー82ー2211  FAX:0858-82-0134