鳥取県若桜町

色の変更 ピンク グリーン オレンジ ブルー 文字サイズ 標準

令和2年4月1日から第十一回特別弔慰金の請求受付が始まります

≪特別弔慰金の趣旨≫
 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金は、戦没者等の遺族に対する特別弔慰金支給法(昭和40年法律第100号)(以下「特弔法」といいます。)に基づき支給されるものです。
 特別弔慰金は、先の大戦で公務等のため国に殉じたもとの軍人、軍属及び準軍属の方々に思いをいたし、その遺族に対して戦後20周年、30周年、40周年、50周年、60周年、70周年という節目の機会をとらえ、国として改めて弔慰の意を表すため、一定の日(以下「基準日」といいます。)において恩給法(大11年法律第48号)による公務扶助料・特例扶助料、戦傷病者戦没者遺族等援護法(昭和27年法律第127号)(以下「年金給付の受給権者」といいます。)がいない場合に、先順位の遺族1名に対して特別弔慰金を受ける権利の裁定がなされます。(その方と同順位の者がある場合は、その裁定をもって全員に対してしたものとみなされます。)

≪第十一回特別弔慰金の概要≫
 平成27年の特弔法の改正においては、5年償還の国債を5年ごとに2回支給することから、基準日を平成27年4月1日及び令和2年4月1日と定めています。
 第十一回特別弔慰金は、令和2年4月1日を新たな基準日とし、同日において年金給付の受給権者がいない場合に、先順位の遺族1名に特別弔慰金を支給します。
 ※なお、基準日を平成27年4月1日を基準日とする第十回特別弔慰金の受付期間は終了しています。

≪請求期間≫
 令和2年4月1日~令和5年3月31日

≪支給内容≫
 額面25万円、5年償還の記名国債(年5万円×5年)

≪支給対象者≫
 特別弔慰金の支給対象者は、援護法による弔慰金の受給権を取得した者(以下「弔慰金受給権者」と言います。)となります。また、基準日において、弔慰金受給権者が死亡等の失格事由に該当するときは、下記の「特別弔慰金支給順位表」の順番による最先順位の転給遺族となります。

≪留意事項≫
・特別弔慰金は、遺族を代表するお一人が受け取るものです。ご遺族間の調整は、請求者の方が責任を持って行って
 ください。
・請求期間内に請求を行わなかった場合、時効により特別弔慰金を受ける権利がしますので、ご注意ください。

≪支給までの期間≫
 請求状況により前後しますが、請求から概ね1年から1年半で支給される見込みです。

≪ご請求・お問い合わせ先≫
 若桜町役場 町民福祉課  
 電話 0858-82-2233  IP電話 982-2232