○若桜町出産祝金支給事業実施要綱

平成28年3月31日

告示第53号

(目的)

第1条 この要綱は、出産を祝福するとともに、次代を担う子どもたちの健やかな成長を願い、若桜町出産祝金(以下「祝金」という。)を支給することにより、町民の子育てを支援し、もって活力ある町づくりに資することを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 児童 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第4条第1項に規定する者

(2) 支給対象児童 出生日と本町の住民となった日が同一日の児童

(3) 保護者 児童を監護し、かつ、これと生計を同じくするその父又は母をいう。ただし、当該父又は母の死亡その他町長が特に必要と認める場合には、支給対象児童を監護し、かつ、これと生計を同じくする親族等をいう。

(支給要件)

第3条 祝金は、支給対象児童が出生した場合において、次の各号に掲げる要件のいずれにも該当する保護者に支給する。

(1) 支給対象児童の出生日において引き続き1年以上本町に居住し、かつ、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づく本町の住民基本台帳に記録(以下「記録」という。)されている者

(2) 申請時において支給対象児童と同居している者

(3) 祝金の受給後引き続き1年以上本町に居住する意思のある者

2 支給対象児童の出生日において、引き続き本町に居住し、かつ、記録されていた期間が1年未満の場合、当該期間と出生日以降も本町に居住し、かつ、記録されていた期間を合算して1年を経過したときは、前項第1号の規定にかかわらず、当該経過した日をもって同号の要件に該当したものとみなす。

(祝金の額)

第4条 祝金の額は、支給対象児童1人につき、次のとおりとする。

(1) 第1子及び第2子 5万円

(2) 第3子以降 10万円

2 支給対象児童が前項各号のいずれに該当するかの判断は、当該支給対象児童の保護者が申請時において現に監護し、かつ、生計を同じくする児童の中で年齢の高い児童(以下「長子」という。)を第1子とし、以降年齢を減ずるごとにその順位を増し、当該支給対象児童が長子から数えて第何子に当たるかにより行うものとする。ただし、出生日が同一のときは、戸籍の届出順位によるものとする。

(申請)

第5条 祝金の支給を受けようとする保護者(以下「申請者」という。)は、支給対象児童の出生日(第3条第2項の規定に基づき同条第1項第1号の要件に該当したときは、当該要件に該当した日)から起算して60日以内に若桜町出産祝金支給申請書(別記様式。以下「申請書」という。)を町長に提出しなければならない。

(支給決定等)

第6条 町長は、申請書を受理したときは、その内容を審査し、支給することが適当であると認めたときは、申請者に文書により通知するとともに、通知後速やかに祝金を支給するものとする。

2 町長は、前項の審査の結果、支給することが不適当と認めたときは、申請者にその理由を付した文書により通知するものとする。

(祝金の返還)

第7条 偽りその他不正な手段により祝金の支給を受けた者があるときは、町長は、支給した祝金を返還させることができるものとする。

(支給の制限)

第8条 第3条の規定にかかわらず、第5条に規定する申請以降、第6条第1項に規定する祝金の支給までの間に、次の各号のいずれかに該当する場合は、祝金を支給しないことができる。

(1) 申請者及び支給対象児童の両方又はその一方が転出したとき

(2) 支給対象児童が死亡したとき

2 前項第1号に該当する場合であって、医師の診断により、疾病及び障がい等のため、施設入所等が必要と認められた場合は、この限りでない。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

画像

若桜町出産祝金支給事業実施要綱

平成28年3月31日 告示第53号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成28年3月31日 告示第53号