○若桜町老人ホーム入所判定委員会要綱細則

平成5年4月1日

告示第9号

第1条 この細則は、若桜町老人ホーム入所判定委員会要綱(平成5年告示第8号。以下「要綱」という。)の施行に関し必要な事項を定めることを目的とする。

第2条 町長が委員を委嘱する場合には、次の者に委嘱するものとする。

(1) 東部福祉事務所職員にあっては、県福祉事務所長がその都度適当と認めた者

(2) 八頭地域福祉保健部職員にあっては、八頭地域福祉保健部長がその都度適当と認めた者

第3条 委員会は、措置の要否の審査に当たっては、昭和59年9月20日付社老第107号厚生省社会局長通知「老人ホームの入所判定について」第2措置の基準に基づき、健康状態、日常生活動作の状況、精神の状況、家族、住居の状況等について総合的に審査を行うこと。この場合において、保健・福祉・医療の連携による在宅福祉サービスの利用状況も勘案すること。

第4条 要綱第8条の規定による報告は、別記様式の判定結果票により行うものとする。この場合において、審査の困難なものについては、意見を付して報告することができるものとする。

附 則

この細則は、平成5年4月1日から施行する。

画像

若桜町老人ホーム入所判定委員会要綱細則

平成5年4月1日 告示第9号

(平成5年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成5年4月1日 告示第9号