○若桜町定期予防接種実施要綱

平成26年10月16日

告示第94号

(趣旨)

第1条 この告示は、予防接種法(昭和23年法律第68号)、予防接種法施行令(昭和23年政令第197号)、予防接種法施行規則(昭和23年厚生省令第36号)、予防接種実施規則(昭和33年厚生省令第27号)に基づき若桜町が実施する定期予防接種(以下「予防接種」という。)の実施について必要な事項を定めるものとする。

(対象者)

第2条 対象となる者は、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき本町の住民基本台帳に記録されている者または町長が対象と認めた者で予防接種の対象年齢の者を対象者(以下「被接種者」という。)とする。

2 対象となる予防接種の種類等は、別表のとおりとする。

(被接種者への通知)

第3条 被接種者及びその保護者に、接種券等を町より個別に通知する。

(接種の場所)

第4条 予防接種は、町長の要請に応じて個別接種に協力をする旨を承諾した医師が所属する医療機関(以下、「委託医療機関」という。)に委託することにより個別に実施する。ただし、被接種者が寝たきりなどにより、委託医療機関での接種の実施が困難な場合においては、接種を実施する際の事故防止対策や副反応対策の十分な準備がなされた場合に限り、その者の自宅、入所・入院施設等で接種を実施することができる。

(接種の実施)

第5条 被接種者及びその保護者は、委託医療機関において接種するときは、当該委託医療機関に接種券及び予診票を提出しなければならない。

2 委託医療機関は、実施にあたっては、予防接種法及びこれに基づく予防接種実施要領に準ずるほか、予防接種ガイドライン等検討委員会が示した「予防接種ガイドライン」に定められた事項を遵守しなければならない。

(予防接種に関する記録)

第6条 委託医療機関は、接種を行った際には、接種済証にロット番号等を記載し、当該接種を行った医師の記名押印を行わなければならない。また、町は台帳を作成し、少なくとも5年間は適正に管理・保存しなければならない。

(経費負担)

第7条 接種に要する経費は委託料として、別表のA類疾病については町の負担とする。また、B類疾病については課税状況に応じて一部個人負担とする。

(委託料)

第8条 委託料は、被接種者一人1回につき委託契約書の定めるところの額とする。

(委託料の請求方法)

第9条 委託医療機関は、接種券を受領し予防接種を行ったときは、請求書に一月分の接種券及び予診票を添付して、接種した日の属する月の翌月10日までに町長に対して委託料を請求するものとする。

(長期の療養を要する疾病により接種機会を逸した者への接種機会の確保)

第10条 被接種者であった期間中に、長期にわたり療養を必要とする疾病に定めるものにかかったこと、その他厚生労働省令で定める特別の事情があることにより予防接種を受けることができなかったと認められるものについて、当該の特別の事情がなくなった日から起算して2年を経過するまでの間、当該疾病に係る予防接種の対象者とする。ただし、四種混合については15歳未満であること、BCGについては4歳未満であること、ヒブワクチンについては10歳未満であること、小児用肺炎球菌ワクチンは6歳未満であることとする。この接種の該当であると判断された場合は、医師が記載した「定期予防接種該当者証明書」(様式第1号)を事前に町へ提出し、町はそれが適切であると認めたときは、新たに接種券を交付するものとする。

(副反応の報告)

第11条 医師又は委託医療機関は、予防接種の接種後の副反応を診断した場合は、被接種者及びその保護者の同意を得て、別に定める予防接種後副反応報告書により、速やかに厚生労働省健康局結核感染症課(FAX(FAX番号:0120-510-355)による。)及び町長へ報告しなければならない。

(健康被害救済制度)

第12条 予防接種法に基づく定期の予防接種を受けた者が疾病にかかり、障害の状態となり、または死亡した場合において、該当の予防接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法の規定に基づき医療費などの給付を行う。

(その他)

第13条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、告示の日から施行し、平成26年10月1日から適用する。

附 則(平成28年9月14日告示第40号)

この要綱は、平成28年10月1日から施行する。

別表(第2条関係)

予防接種法による定期の予防接種

A類疾病

予防接種の種類

対象年齢

接種回数

四種混合・三種混合・不活化ポリオ

(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)

生後3月~90月未満

1期初回:3回

1期追加:1回

二種混合

(ジフテリア・破傷風)

11歳~13歳未満

1回

麻しん

風しん

麻しん風しん混合

1期:生後12月~24月未満

1期:1回

2期:1回

2期:5歳~7歳未満で、小学校就学の始期に達する日の1年前の日から該当始期に達する日の前日まで

日本脳炎

1期:生後6月~90月未満

生後90月~20歳未満

(平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの未接種者)

1期初回:2回

1期追加:1回

2期:9歳~13歳未満

13歳~20歳未満

(平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの未接種者)

1回

インフルエンザ菌b型

(ヒブ)

生後2月~60月未満

1~4回

小児用肺炎球菌

生後2月~60月未満

1~4回

子宮頸がん

小学校6年生~高校1年生に相当する年齢の女子

3回

水痘

生後12月~36月未満

2回

B型肝炎

生後12月未満

(平成28年4月1日以後に生まれた者)

3回

BCG

生後12月未満

1回

B類疾病

予防接種の種類

対象者

接種回数

高齢者インフルエンザ

・65歳以上の者

・60歳以上65歳未満の者であって、心臓、腎臓、又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活行動が極度に制限される程度の障害を有する者及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する者

1回

高齢者肺炎球菌感染症

・65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳

・60歳以上65歳未満の者であって、心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する者。

1回

画像

若桜町定期予防接種実施要綱

平成26年10月16日 告示第94号

(平成28年10月1日施行)