○若桜町障害児通園施設利用者負担金軽減事業実施要綱

平成19年11月15日

告示第70号

(趣旨)

第1条 この要綱は、子育て支援の観点から障害児通園施設を利用している児童の保護者の負担を軽減することを目的とし、若桜町障害児通園施設利用者負担金軽減事業(以下「事業」という。)の実施について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において保育所とは、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第39条第1項に規定する保育所(法第35条第4項に規定する認可を得ていないものを除く。)、就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成18年法律第77号)第6条第2項に規定する認定こども園及び学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する幼稚園をいう。

2 この要綱において障害児通園施設とは、法第43条に規定する知的障害児通園施設、法第43条の2に規定する盲ろうあ児施設(難聴幼児通園施設に限る。)及び法第43条の3に規定する肢体不自由児施設(肢体不自由児施設(通所)又は肢体不自由児通園施設に限る。)をいう。

3 この要綱において保護者とは、法第24条の3第6項に規定する施設給付決定保護者をいう。

4 この要綱において利用者負担金とは、法第24条の2第1項に規定する指定施設支援、法第24条の20第1項に規定する障害児施設医療及び食事(おやつを含む。)の提供に要する費用に係る自己負担金をいう。

(軽減内容)

第3条 事業で実施する軽減措置の内容は、次の表のとおりとする。ただし、同表の(1)から(3)までの規定が互いに競合する場合には、これらの規定のうち軽減率の大きいものを優先するものとする。

対象

軽減内容

(1) 障害児通園施設及び保育所等に通う児童がいる保護者




ア 保育所等を利用している児童が1名の場合

障害児通園施設に通う児童の利用者負担金を2分の1(2人目以降にあっては10分の1)に軽減する。

イ 保育所等を利用している児童が2名以上の場合

障害児通園施設に通う児童の利用者負担金を10分の1に軽減する。

(2) 障害児通園施設のみに通う児童が2名以上いる保護者

障害児通園施設に通う児童の2人目の利用者負担金を2分の1(3人目以降にあっては、10分の1)に軽減する。

(3) 第3子以降の児童が障害児通園施設に通っている保護者

障害児通園施設に通う児童の利用者負担金を3分の1(3人以上の児童が通っている場合にあっては、3人目以降は10分の1)に軽減する。

2 軽減後の保護者の負担する月額利用者負担金の額に10円未満の端数が生じた場合には、その額を切り捨てるものとする。

(軽減対象期間)

第4条 軽減の対象期間は、毎年4月から翌年3月までの障害児通園施設の利用期間とする。

(軽減手続)

第5条 事業に係る手続きは、次のとおりとする。

(1) 協定書の締結

町長は、事業実施にあたりあらかじめ障害児通園施設の長と協定書(様式第7号)を締結しておくものとする。

(2) 軽減申請

 軽減を受けようとする保護者は、障害児通園施設利用者負担金軽減申請書(様式第1号)、通園証明書(様式第2号)、及び障害児通園施設の利用に係る障害児施設(医療)受給者証の写しを添付し町長へ申請するものとする。

(3) 軽減の決定

 町長は、申請書の内容を審査し利用者負担金の軽減を行ったときは、申請日から20日以内に障害児通園施設利用者負担金軽減決定通知書(様式第3号)を保護者に通知するものとする。

 町長は、軽減決定を行ったときは、保護者が利用する障害児通園施設の長に対し、障害児通園施設利用者負担金軽減決定の結果通知書(様式第4号)を通知するものとする。

 町長は、適宜、利用者等からの申し出又は職権により利用者負担金の軽減措置の内容を見直し、必要に応じて変更又は取り消しを行う場合は、障害児通園施設利用者負担金軽減変更決定通知書(様式第3号の1)又は障害児通園施設利用者負担金軽減取消決定通知書(様式第3号の2)を保護者に通知するものとする。

 町長は、変更決定を行ったときは、保護者が利用する障害児通園施設の長に対し、障害児通園施設利用者負担金軽減決定の変更結果通知書(様式第4号の1)を通知するものとする。

 町長は、取消決定を行ったときは、保護者が利用する障害児通園施設の長に対し、障害児通園施設利用者負担金軽減取消決定の結果通知書(様式第4号の2)を通知するものとする。

(4) 軽減の実施

 第5条第3号アの軽減決定通知又は第5条第3号ウの変更決定通知を受けた保護者は、障害児通園施設利用者負担金軽減決定通知書又は障害児通園施設利用者負担金軽減変更決定通知書の写しを障害児通園施設に提示するものとする。

 障害児通園施設の長は、第5条第3号イ障害児通園施設利用者負担金軽減決定の結果通知又は障害児通園施設利用者負担金軽減決定の変更結果通知及びの提示があった場合には、利用者負担金の軽減を実施又は変更するものとする。

 障害児通園施設の長は、第5条第3号オの障害児通園施設利用者負担金取消決定の結果通知があった場合には、利用者負担の軽減を中止するものとする。

 障害児通園施設の長は、障害児通園施設利用者負担金の軽減額管理票(様式第5号)により、軽減の実施状況を管理するものとする。

 障害児通園施設の長は、毎月10日までに前月の軽減状況を障害児通園施設利用者負担金の軽減状況通知書(様式第6号)により、町長に通知するものとする。

附 則

この要綱は、平成20年1月1日から施行する。ただし、第5条に定める各種手続きは施行日前においても行うことができる。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

若桜町障害児通園施設利用者負担金軽減事業実施要綱

平成19年11月15日 告示第70号

(平成20年1月1日施行)