○若桜町ふるさと応援寄付推進・地元特産品等広告宣伝タイアップ事業実施要領

平成22年9月30日

告示第98号

(目的)

第1条 この事業は、若桜町と地元事業所が協力して、若桜町出身者等に対する「ふるさと応援寄付の案内」と「特産品等の紹介」を併せて行うことにより、一層の「ふるさと応援寄付の推進」及び「地元特産品等の広告宣伝」を図り、若桜町のイメージアップと財源確保及び特産品等の振興を目的とする。

(用語の定義)

第2条 この要領において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 地元特産品等とは、若桜町内で生産されている商品、若しくは若桜町内に存する施設におけるサービス、若桜町に縁のある商品・サービスをいう。

(2) 参加事業所とは、地元特産品等の製造、栽培、販売又はサービス提供をしている事業所のうち、この実施要領の規定に基づきこの事業への参加を申し込み、町長の承認を得たものをいう。

(3) タイアップ事業所とは、参加事業所のうち、第4項各号に規定する事業内容に係るものをいう。

(4) 寄付者とは、事業の実施年度において、若桜町に対し、ふるさと応援寄付をされ、かつ、町外に住所を有する者をいう。

(実施主体)

第3条 この事業の実施主体は、若桜町及び参加事業所とする。

(事業内容)

第4条 1万円以上の寄付者に、参加事業所とのタイアップによる、若桜ふるさと応援寄付記念品(以下「記念品」という。)として、地元特産品等を贈呈する。また、寄付者は、寄付金額に応じて、記念品の種類・数を選択できる。

2 参加事業所は、あらかじめ別表相当(商品、送料、梱包、税含)の地元特産品等を設定し、若桜町に届け出るものとする。

3 若桜町は、届出による記念品を取りまとめ、ふるさと応援寄付記念品パンフレットを作成し配布する。また、若桜町ホームページにも掲載し、同様の広報を行う。

4 寄付者から記念品の申込みがあったときには、若桜町から当該指定に係る参加事業所に通知し、当該参加事業所が寄付者に当該記念品を直接送付するものとする。

5 参加事業所は、寄付者に記念品を送付したときは、速やかに、若桜町に対しその旨を報告するものとする。

6 若桜町は、前項の報告に基づく記念品の送付実績に応じて、負担金を当該参加事業所に支払うものとする。

(参加申込み)

第5条 この事業への参加を希望する地元事業所は、毎年度町長が定める期限までに、若桜町ふるさと応援寄付推進・地元特産品等広告宣伝タイアップ事業参加申込書(様式第1号)を提出するものとする。

2 町長は、前号の規定による申込みがあった場合においては、提供品の可否等を勘案の上、当該申込者の参加の可否を決定し、その結果を当該申込者に通知(様式第2号)するものとする。

(記念品の変更)

第6条 前条第2項により、参加を認められた事業所が記念品の変更を行う場合は、記念品変更申込書(様式第1号)を提出するものとする。

2 町長は、前項の規定による申込書を受領した場合においては、変更の可否等を勘案の上、その結果を当該申請者に通知(様式第2号)するものとする。

(参加事業所の義務)

第7条 第4条に規定する事項を遵守すること。

2 前項に定めるもののほか、この実施要領及び町長の指示する事項に従うこと。

3 記念品の提供数、提供時期、発送時期の遅延など、状況に変化があった場合は、速やかに若桜町へ報告すること。

4 参加事業所と締結する覚書(様式第3号)に基づき、地元特産品等の提供に係る事故、トラブル等に関しては、参加事業所が責任をもって対処すること。

(協議、通知等の項目)

第8条 若桜町が作成するパンフレットの参加事業所に係る記載内容については、あらかじめ当該参加事業所に協議する。

2 若桜町は必要に応じ、参加事業所に対して次の事項を報告する。

(1) ふるさと応援寄付記念品パンフレットの配布状況

(2) 若桜町ホームページでの掲載状況

(3) ふるさと応援寄付の申込状況

(記念品の申込)

第9条 記念品の申込は、寄付申込書(様式4号)により受け付けるものとする。

2 記念品の申込は、ふるさと応援寄付をされた年度内に限り受け付けるものとする。

(記念品の送付)

第10条 記念品の対象となる寄付金額の算定は、寄付1回ごとの寄付金額とし、年度で何度でも寄付を受け付け、その都度、記念品を贈呈する。

2 若桜町は、寄付者から記念品の申込があったときは、その都度、若桜町ふるさと応援寄付記念品発注票(以下「発注票」という。)(様式第5号)を当該参加事業所に送付するものとする。

3 参加事業所は、前号の規定による発注を受けたときは、速やかに記念品を当該寄付者に送付するものとする。

4 タイアップ事業所は、前号の規定による記念品の送付に際し、自社商品パンフレットの同封、自社商品の継続購入の勧誘等をすることができる。この場合において、タイアップ事業所は、あらかじめ、同封するパンフレット等を若桜町に提示するものとする。

5 参加事業所は、第2項の規定による記念品の送付実績を取りまとめ、若桜町ふるさと応援寄付記念品送付実績報告書兼負担金請求書(様式第6号)により、翌月の10日(毎年度3月の送付実績については、当月末日)までに若桜町に報告するとともに、当該送付実績に係る負担金の支払いを若桜町に請求するものとする。

6 タイアップ企業は、当該年度終了後1年間は、記念品の送付に係る関係書類を自己の責任において保管しておくものとする。

(負担金の支払)

第11条 若桜町は、前条第5項の規定による送付実績報告及び負担金支払請求があったときは、当該請求のあった日から30日以内に、当該参加事業所の指定する金融機関口座に振り込むことにより、当該請求に係る負担金を当該参加事業所に支払うものとする。

(再委託等の禁止)

第12条 参加事業所は、この事業の実施を第三者に委託、又は請負わせてはならない。ただし、書面により町長の承諾を得た場合は、この限りではない。

2 参加事業所は、この事業の実施に係る自社の権利及び義務を第三者に譲渡、又は承継させてはならない。ただし、書面により町長の承諾を得た場合は、この限りではない。

(個人情報の取扱)

第13条 参加事業所に対しては、当該参加事業所の記念品を選択した寄付者の同意を得た上で、その氏名、住所、電話番号その他記念品の送付に必要な事項を提供する。

2 参加事業所は、第9条第2項の発注票に記載された寄付者の個人情報を厳重に取り扱うとともに、記念品の送付以外の目的に使用し、又は第三者に漏らしてはならない。参加事業所でなくなった後においても、同様とする。

(広報)

第14条 若桜町は、第4条第3項に規定するもののほか、報道機関への情報提供、広報わかさへの掲載、ふるさと納税関連サイトへの登録等により、この事業及びタイアップ事業所・商品を積極的に周知する。

(その他)

第15条 この実施要領に定めるもののほか、必要な事項は、町長が定める。

附 則

この要領は、平成22年10月1日から施行し、平成22年度事業から適用する。

附 則(平成25年3月29日告示第33号)

この要領は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成25年8月1日告示第77号)

この要領は、平成25年8月1日から施行し、平成25年度事業から適用する。

附 則(平成28年4月1日告示第41号)

この要領は、平成28年4月1日より施行する。

別表(第4条関係)

寄付金の範囲

記念品の金額

10,000円~25,000円

5,000円

30,000円~45,000円

10,000円

50,000円~85,000円

20,000円

90,000円~195,000円

40,000円

200,000円~495,000円

50,000円

500,000円~795,000円

100,000円

800,000円~995,000円

200,000円

1,000,000円以上

300,000円

画像

画像

画像

画像

画像

画像

若桜町ふるさと応援寄付推進・地元特産品等広告宣伝タイアップ事業実施要領

平成22年9月30日 告示第98号

(平成28年4月1日施行)