○若桜町納税奨励規程

昭和36年6月28日

規程第11号

第1条 本町は、諸税(町税)の納期内完納を期し地方財政の円滑な運営を図り、もって諸税完納の美風をかん養するため納税組合の設置を奨励する。

第2条 前条の目的を達成するため本規程によって納税奨励金(以下「奨励金」という。)を交付する。

第3条 奨励金の交付を受けんとする組合は、次の事項を町長に届出なければならない。

(1) 納税組合の名称及び区域

(2) 組合の規約

(3) 組合員の氏名(同居の家族は、世帯主1人とする。)

(4) 設立の年月日

(5) 役員の氏名

第4条 前条の届出事項に異動を生じたときは、速やかに町長に届出なければならない。

第5条 奨励金は、町税を法定納期内に組合員の納税額を取りまとめ完納した組合に対して交付する。ただし、特別徴収によるものに対しては奨励金は交付しない。

第6条 奨励金は、次の方法によって交付する。納税額の100分の2以内と納付書1件に付き5円を交付する。ただし、前項の奨励金が1円未満の場合は、これを切捨てる。

2 前項の奨励金額が1円未満の場合は、これを切捨てる。

附 則

この規程は、公布の日から施行し、昭和36年4月1日から適用する。

附 則(昭和38年10月3日規程第17号)

この規程は、公布の日から施行し、昭和38年4月1日から適用する。

附 則(平成17年3月23日規程第1号)

この規程は、公布の日から施行し、平成17年4月1日から適用する。

若桜町納税奨励規程

昭和36年6月28日 規程第11号

(平成17年3月23日施行)

体系情報
第6編 務/第3章 税・税外収入
沿革情報
昭和36年6月28日 規程第11号
昭和38年10月3日 規程第17号
平成17年3月23日 規程第1号