○若桜町議会事務局設置規則

昭和33年10月11日

議会規則第1号

(設置)

第1条 若桜町議会に関する事務を処理するため若桜町議会に事務局(以下「事務局」という。)を置く。

(職員)

第2条 事務局に次の職員を置く。

(1) 事務局長

(2) 書記

2 事務局に置くことのできる書記の職は、局長補佐、係長、主任、主事とする。

3 前項に規定するもののほか、必要があるときは、嘱託員を置くことができる。

4 前項の職員の身分取扱は、町職員の例による。

(職務)

第3条 事務局長は、議長の命を受け、議会の庶務を掌理する。

2 事務局長に事故があるときは、上席の書記がその事務を代行する。

3 職員は、上司の命を受け、事務に従事する。

(係)

第4条 事務局に次の係を置くことができる。

(1) 庶務係

(2) 議事係

(係の分掌事務)

第5条 庶務係においては次の事務をつかさどる。

(1) 文書の収受、発送及び完結文書の編さん保存に関すること。

(2) 議会に関する条例その他の規程に関すること。

(3) 公印の保管に関すること。

(4) 議員及び職員の身分、報酬、費用弁償その他人事給与に関すること。

(5) 会計経理及び物品の出納保管に関すること。

(6) 議場その他議会関係各室の管理に関すること。

(7) 図書室に関すること。

(8) その他議事係の所掌に属しないこと。

2 議事係においては、次の事務をつかさどる。

(1) 議会の本会議委員会及び公聴会に関すること。

(2) 議案建議類及び質問趣意書、請願、陳情書等の受理又は附託に関すること。

(3) 議決及び決定事項の通知又は報告に関すること。

(4) 会議録の調製及び編さんに関すること。

(5) 議場の警備取締及び傍聴に関すること。

(6) 議案、建議案等の資料調査及び各種統計資料、情報の収集整備に関すること。

(7) その他議会の議事に関すること。

第6条 議長は、特別の必要があるときは、前条の規定にかかわらず、特定の事務につき特別の分掌を定めることができる。

(事務の決裁)

第7条 議会の事務は、議長が決裁する。

(代決等をした事務の後閲)

第8条 事務局長は、代決若しくは代理をした事務については、軽易な事項を除き後閲に供しなければならない。

(事務局長の専決事項)

第9条 次の事項は、事務局長において専決することができる。

(1) 定例に属し、軽易な事項の通知、回答、照会、報告、申請及び証明に関すること。

(2) 職員の県内出張に関すること。

(3) 職員の時間外勤務及び休日勤務に関すること。

(4) 職員の休暇及び職務に専念する義務免除に関すること。

(5) 定例に属し、かつ、予算に定めた1件の金額が5万円未満の支出負担行為に関すること。

(6) 議場及び議会関係会議室の使用許可に関すること。

(7) 前各号のほか、軽易な事項の処理に関すること。

(町の規定の準用)

第10条 この規則の運用に当たって必要な細目は、別に定めるもののほか、若桜町長の事務部局の例による。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和33年10月1日から適用する。

附 則(平成11年7月1日議会規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月23日議会規則第3号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月28日規則第5号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

若桜町議会事務局設置規則

昭和33年10月11日 議会規則第1号

(平成20年4月1日施行)

体系情報
第2編
沿革情報
昭和33年10月11日 議会規則第1号
平成11年7月1日 議会規則第1号
平成19年3月23日 議会規則第3号
平成20年3月28日 規則第5号